陰部ヘルペスの口コミ Archives | 新宿で泌尿器科を探している方へ【新宿駅前クリニックなどの口コミ評判】

HOME » 陰部ヘルペスの口コミ

陰部ヘルペスの口コミ

性器ヘルペス:薬の服用で治療が可能

waiwaiさん 男性 30代

つい先日ですが、風俗でオーラルセックスをしたあと陰部に異常が出てきました。
具体的にいうと、陰部にかゆみがでて、なんだかザラザラしたようなデキモノが出来ました。
これはやってしまった、と性病を疑い、迷わず病院に行くことを決めました。

近所の泌尿器科をネットで検索して、行く病院を選定したのですが、最初のうちは非常に恥ずかしくてなかなか病院の受付ができませんでした。
しかし、時間がたつごとに痛みがましてきたので、受付しました。

問診票に症状を記載し、医師に説明すると「血液検査をしましょう」ということになりました。
血液検査の結果、「性器ヘルペス」であることがわかりました。
グレースビットという薬を処方されまた気になる点がでてきたら受診するように言われました。

薬を2週間ほど服用していたら、性器のザラザラしたようなデキモノが完全になくなり、安心しました。
痛みもなくなりました。

病院自体はきれいで待ち時間も少なく、フレンドリーすぎる感じもなかったのでよかったです。
あまり話しかけられたり、ニコニコされすぎるのも少し恥ずかしいので、ちょうどいい感じでした。
ですが、できればもう泌尿器科にはお世話になりたくないので、再発しないことを祈っています。
≫ 『性器ヘルペス:薬の服用で治療が可能』

陰部ヘルペス 口コミ

なんだかなぁさん 30代 男性

ある日、尿をし終わった後に性器に違和感を感じました。
次第に性器がピリピリと痛み初め、性器や性器周辺に水ぶくれや発疹が出てきました。「これはヤバイ」と思い、会社の近くにある泌尿器科をネットで探し出し、検診してもらうことになりました。
病院に向かっている頃には、性器に強い痛みがあり、熱が出てきて、体がだるく、リンパ腺が腫れていました。なんとかフラフラになりながら病院に着くことができ、すぐに検診してもらいました。

検診してもらった医師からまず問診され、「いつ頃、水ぶくれや発疹が出てきたのか」や「痛みやかゆみはあるのか」、「ウイルス感染の心当たりがあるか」などを聞かれました。
問診の後に視診され、性器をマジマジと見られるのは始めてだったので恥ずかしかったのですが、「単純ヘルペスウイルスですね」と言われました。
次に検査され、血液を摂取し、成分を調べてウイルスに感染しているかどうかを確認しました。

自分の中では「性病は大きな病気」と思っていたのですが、性器ヘルペスの治療は「自然治療」もするそうなのですが、今回は「抗ウイルス薬(内服薬)」を使用しました。
抗ウイルス薬を使用することにより自然治療より治療期間が短くなるので、こちらの方がいいだろうと医師が言うのでそうしました。
抗ウイルス薬(内服薬)の名前は「バルトレックス」。1日3回飲むことになりました。
1週間ほど飲み続けていると体の熱が治まり、次に性器あった水ぶくれや発疹が治まりました。
バルトレックスを飲んでいる時には「患部を清潔に保つ」ことや「性行為をしない」こと、「自分の判断でお薬を止めない」ことを注意点にあげられ、きちんと守り、無事完治することができました。
性病にかかるのは大変なことだとおもっていましたが、意外とよくある病気だということや、きちんと治療すれば問題ないこともわかり安心しました。
やはりいろんな相手との性行為や、不潔にしての性行為は問題が多いので今後は注意したいと思いました。