男性の淋病の口コミ Archives | 新宿で泌尿器科を探している方へ【新宿駅前クリニックなどの口コミ評判】

HOME » 男性の淋病の口コミ

男性の淋病の口コミ

陰部のかゆみ:負のスパイラルから脱出することが出来ました

ガリバーさん 男性 30代

初めてかゆみを感じたのは夏の暑い日でした。股の間や袋の周辺がとても痒くなりました。
仕事をしていても集中できずにトイレに行ってこっそりと掻いていました。
そのまま戻るのですが、しばらくするとまた痒くなり、またトイレや物陰に行って掻くという生活が続きました。

暑くて汗をかいてかぶれたのだろう。冬になったら治るだろう。
なんて軽く考えていましたが、秋になってもよくならず、冬になっても改善しませんでした。
掻きすぎてしまったため皮膚がめくれ、ヒリヒリ痛み出すようになったので皮膚科を受診しました。

まずカビによる感染症を疑われ、念のためにと検査を受けました。
しかし結果は陰性。カビによる感染症ではないとのことでまずは一安心です。

その後いろいろ調べましたが、結局「皮膚が過敏になっているためでしょう」という診察になりました。
体温が高くなると神経が敏感になり、汗をかいたり下着が当たったりすると痒くなる。
冬は冬で空気が乾燥すると皮膚が過敏になり痒くなる、という季節によって異なる理由からかゆみが来ているとのこと。

担当の医師は、「かゆみと言うのはなかなか診察が難しく、検査してもわからないことがまだまだ多い」とも言っていました。
感染症ではないとのことで対処療法としてかゆみ止めを処方してもらいしばらく塗り続けることで改善しました。
掻くのをやめてしばらくすると皮膚もきれいに治り、かゆみがかゆみを呼ぶという負のスパイラルから脱出することが出来ました。

≫ 『陰部のかゆみ:負のスパイラルから脱出することが出来ました』

男性の淋病 口コミ

なんだかなぁさん 30代 男性

ある日、トイレで尿をしているとぺニスの尿道口が赤く炎症していることに気付き、最初は痛くなかったのですが、次第に痛くなってきました。
痛みだけなら我慢していたのですが、発熱や吐き気まで出てきたので、さすがに病院に行った方が良いと思い、病院に行きました。
下のことなので、少しでも判断が遅れると精子が作れなくなったり、セックスできない後遺症が残る可能性があると聞いたことがありました。
それは嫌だったので早めに泌尿器科で診察を受けることにしました。
淋病の治療は、「セフトリアキソン」という淋病の特効薬を使い、1回だけの投与だけで治りました。
しかし、淋病になる原因として「セックスする相手も淋病の可能性がある」ということなので、セックス相手である嫁も診察を受けることになりました。
嫁自体は痛さや異常な感じがなかったのですが、感染していては意味がないということなので淋病の検査を受けさせました。

検査の結果、嫁は淋病になっていました。
男性の場合は淋病になると痛みが発生するのでわかりやすいのだそうですが、女性の場合は淋病になっても痛みを感じないそうなので、淋病になっていても気付かないことが多いとのことでした。
自分は治療して完治したとしてもまた嫁とセックスして淋病をもらってまだ泌尿器科に通うということはよくあることなので、最近ではセックスパートナーと一緒に診察を受けさせることが多いそうです。
今では無事二人とも淋病の症状が完治しています。

≫ 『男性の淋病 口コミ』