予約なしでOKの新宿駅前クリニック | 新宿で泌尿器科を探している方へ【新宿駅前クリニックなどの口コミ評判】

予約なしでOKの新宿駅前クリニック

新宿駅前クリニック 泌尿器科紹介

新宿近辺や都内で泌尿器科を探している方は、忙しく時間の無い方が多いのではないでしょうか。
新宿駅前クリニックは、「予約制ではない方が良い」といった意見を取り入れた結果、予約なしでも診察が可能となったクリニックなのです。

泌尿器科での診察は非常にデリケートなもの。男性の陰部を診療する場合は、すべて男性医師が担当します。
さらに看護師も診察室には入らず、個室で診察を行ってくれる点は魅力的ですね。
泌尿器科の診療では、主に性病の診察が行われるというイメージを持っている方も多いはずです。
しかし、思い当たる性交渉がなく包皮が腫れる病気もあります。
亀頭包皮炎などの病気は、性交渉だけが原因ではなく、洗いすぎてしまったり睡眠不足などの不規則な生活習慣が原因で起こる病気でもあるのです。
新宿駅前クリニックの泌尿器科では、性病と勘違いをして来院する患者も多いそう。
また、パートナーから性病であるという事を告げられるというケースもあります。
しかし、自身にクラミジアといった性病を疑うような症状が見られない場合は、初診自由診療となります。
その際に性病であることが分かった場合に、以降保険診療となります。
さらに、排尿時の痛みについても、尿道炎イコール性病であると勘違いをしている方が多いのです。
尿道炎の原因となる細菌は性交渉によって感染するクラミジアや淋病だけではなく、大腸菌や腸球菌といった皮膚表面に常在している菌であるケースも。
性病であると考え、クラミジア検査を行ったところ感染していないというケースも多いのです。
どの科を受診すれば良いのか分からないという場合には、総合的に診療を行っている新宿駅前クリニックがおすすめです。
耳鼻科もある新宿の病院はこちら

新宿駅前クリニック 泌尿器科 口コミ紹介

新宿駅前クリニックを利用した方の口コミを紹介します。
「新宿の駅前にあるため、何よりも立地の良さが魅力ですね。仕事終わりに来院しました。
受付スタッフさんたちは、忙しい時にでも落ち着いて対応してくださるため良い印象です。
先生も親切な印象で、症状から考えられる病気を分かりすく説明してくれるため、安心感があります。」
「初めて新宿駅前クリニックさんを受診しました。職場からも近いため、本当に便利な場所にあって助かります。大体のクリニックは診療開始から混み合っていますが、新宿駅前クリニックさんはあまり混んでいる印象は無く、早く診察をしてもらえました。
ただし夕方は混むとのこと。急いでいる時には朝の時間帯がおすすめです。」
「スムーズである上に、丁寧に診察をして貰えるため、忙しい方にもおすすめです。
新宿駅からすぐの場所にあり、アクセスも良くて行きやすいです。
受付や先生の対応も良い印象であり、しっかりと説明をしてくれるため特に問題もありません。
先生は接しにくいという印象でもなく、質問にもしっかりと返答をしてくれるため悪い印象はありません。
電話で診察時間を問い合わせた際の対応も親切であり、全体的に良い印象のクリニックです。
院内は清潔感もあり、親しみやすい雰囲気でした。
時間帯によっては混んでいる場合もありますが、比較的直ぐに呼ばれます。」
「受付の方の対応がとても丁寧で非常に良い印象でした。
薬局の場所も親切に教えてくださり、また何かあれば利用したいと思います。
比較的空いている時間帯も答えてくださり、予約なしで良いため仕事の合間にも利用できると感じました。」
「ホームページが見やすく良い印象であったため、来院を決めました。
常勤の先生に診てもらいましたが満足でした。
スムーズに診察を行って症状を確認し、検査を行って処方箋を出してもらいました。
手際の良さだけではなく、人柄も良さそうな先生たちでした。
院内は清潔で、リラックスできる雰囲気です。」
スタッフの対応の丁寧さは、信頼にも繋がります。
デリケートな悩みを持っている方は、新宿駅前クリニックを受診してみてはいかがでしょうか。

新宿の皮膚科ならこちら

新着情報

尿道炎:尿をする際に激痛が

イルカさん 男性 30代

性行為をいろいろな人とやっていたのが原因で、尿道炎になってしまいました。
初めては尿をするときに尿道が痛いと感じたのがきっかけでした。
少し自慰行為が多いのかなとも思いながらも、気にかける事はなかったのですが、日に日に痛みが増していき、たえられなくなってきました。
尿をする時以外の日常生活でも痛みを感じるようになりました。
それで、病院に行き診察を受ける事にしました。
初めてだったのでどうなるのかが心配でした。

やはり細菌が繁殖していました。
尿道のあたりに細菌がいました。

私はそのころフィリピン人女性と性行為をよく行っていたので、それを話したらそれが原因であるとの事でした。
薬によって治療できるとの事でした。先生は男性の先生で良かったです。
治療のために少し病院に通わなければならないと言われました。
やはりこういう病気にかかると事情がすべてバレてしまうのでかなりはずかしい思いをしました。
できるなら顔を隠して先生と話したかったです。
先生のほうも気を使ってくれたのか、あまり深くは聞いてきませんでした。
性行為は何回くらい行ったのか、とかどれくらい痛みはあるか、などが聞かれました。
看護師の女性が一人いたのがはずかしかったです。
≫ 『尿道炎:尿をする際に激痛が』

陰部のかゆみは1週間ほどでかゆみがなくなった

タントさん 男性 40代

ある日トイレでおしっこをしてると陰部の皮の先端に数ミリ程度の白いポツポツができていました。
何事かと思っていましたが病院に行くのも恥ずかしく放置していました。数日がすぎた頃に陰部にかゆみを感じ気になって仕方がありませんでした。
このまま我慢して過ごしていても女性とのエッチの時に見られたら恥ずかしいと言う気持ちからクリニックに行く事を決心しました。
ただ、クリニックでも女性の先生だったら恥ずかしいのでインターネットで男性の先生の病院を探して診察してもらいました。

いざ予約して病院に行きましたが先生は男性なのですが先生が診察するまでに若い女性スタッフが手袋をして私の陰部を観察し色々な質問をしてきたのが大変恥ずかしかったです。
先生に診察してもらった結果、病名はコンジロームと言う名前の病気でした。
別にそのまま放置していても問題がないという事でしたが、なにせかゆみが半端なかったので薬を処方して様子を見ました。
薬は漢方薬と透明な塗り薬でした。毎日飲み薬を飲み、1日2回塗り薬を塗る事1か月。確認のために陰部をみましたが全然ポツポツが治まった気配は感じません。
ふたたび病院に行ったら今度は綿棒にドライアイスみたいなものをつけて陰部のコンジロームに押し付けてきました。
その治療をするために数回通院したらかゆみもコンジロームもおさまり今ではほとんど跡が残っていません。
≫ 『陰部のかゆみは1週間ほどでかゆみがなくなった』

不安なら性病検査をきちんとうけよう

たこさんさん 男性 50代

若いころの話ですが、風俗通いが趣味で毎週のように通っていました。
主にソープとファッションヘルスですが、生挿入と生尺が当たり前でしたので特に性病に対しては予防と言う意味では無防備だったと思います。
当時指名をしていた女の子が急に体調を崩し休んでいると言うことで、ちょっと症状を聞いたのですが、どうやら首の所のリンパが腫れて、発疹が出て、熱もあるということでした。話を聞いた時は何とも無かったので、特に心配はしていませんでしたが、3日ほど経ったころ私も少々風邪に似たような症状が起こり、発熱とダルさを感じました。それだけなら風邪だと薬を飲んで終わりですが、首にしこりのようなコリコリしたものを感じたため、あの子と同じ症状だと思いました。
ちょっと性病ではと、気になって病院に見てもらうことにしました。

当時はエイズも流行出し、罹患率も上昇していると言うニュースが頻繁にテレビ等で流れていたのを見ていたので気になっていました。
症状も発熱やリンパの腫れなど風邪にも似たような症状が多いと言うことから、段々とまさかと言う思いが増していきました。
当時も近くの保健所でエイズ検査など行われていましたが、さすがに近所ではということでなるべく目立たないところにあるクリニックを探しました。
連絡をして、まずは診察をしてもらいましたが、症状的にはエイズではなく、梅毒に似ていると言う話を聞いた瞬間は血の気が引きました。
診察と血液検査の結果、性病には罹っておらず、ただの風邪ということで問題ありませんでしたが、性病に罹る心当たりがあるため診察と採血の間は気が気ではありませんでした。
一応性器もくまなく見てもらい恥ずかしかったのですが、そちらは何でも無いということで安心しました。
因みに血液検査は結果が出るまで2週間かかるということで、陰性の結果を聞くまでは正直生きた心地がしませんでした。
≫ 『不安なら性病検査をきちんとうけよう』

陰部のかゆみで受診

こーじーさん 男性 40代

診察を受けようと思ったのは、包皮周辺にかゆみが発生して治まらなかったからです。
これは私がまだ20代前半の頃で、初めて出来た彼女と夜の生活を頑張っていた時のことです。
彼女は男性並の性欲があり、逢う度に求められました。

これはいいと思うんですが、私の男性器は仮性包茎だったのでちょっとした汚れからでも雑菌が繁殖しやすかったんでしょう。
彼女と行為をした後、シャワーで洗い流さずにそのまま寝るようにしてると、とうとうかゆみを発生するように。

しばらくすれば治まるだろうと放置しててもまったく治まりませんし、痒みは亀頭と包皮以外の部分へ転移はじめました。
被害は陰嚢にも達し、腫れ上がる程に。
これは自然に治るものではないと感じて病院にいきました。

診断結果は亀頭包皮炎です。
あなたは仮性包茎といって雑菌の繁殖しやすいタイプですから、行為後は清潔さを保つようにしてくださいと言われました。
また、少し痒くなってもかきすぎないようにと。
先生からは痒み止めのお薬と塗り薬を処方してもらいました。
最初の数日は変化ありませんでしたが、三日ぐらい経過すると痒みは少し治まりました。
一週間経過する頃には包皮や陰嚢の腫れも引き出し、十日後にはほぼ平常時にまで回復しました。
そのまま男性器周辺を触らず、薬を塗ってかゆみ止めを飲む続けてると気づけば治ってました。

ただ、この一件を機に、行為前後にはシャワーで必ず男性器をキレイにするよう心がけています。
汚い状態で行為をすると、女性にそれを移してしまうわけですからね。
男性器は外に出てるので簡単に洗えますが、女性器はそんなわけにはいきません。
ですので女性にも移さないように行為前に洗浄し、行為後も洗ってから寝るようにして再発を防いでいます。
あれから20年以上経過してますが、今でもこれはキッチリ守るようにして亀頭包皮炎の再発防止に努めています。
≫ 『陰部のかゆみで受診』