予約なしでOKの新宿駅前クリニック | 新宿で泌尿器科を探している方へ【新宿駅前クリニックなどの口コミ評判】

予約なしでOKの新宿駅前クリニック

新宿駅前クリニック 泌尿器科紹介

新宿近辺や都内で泌尿器科を探している方は、忙しく時間の無い方が多いのではないでしょうか。
新宿駅前クリニックは、「予約制ではない方が良い」といった意見を取り入れた結果、予約なしでも診察が可能となったクリニックなのです。

泌尿器科での診察は非常にデリケートなもの。男性の陰部を診療する場合は、すべて男性医師が担当します。
さらに看護師も診察室には入らず、個室で診察を行ってくれる点は魅力的ですね。
泌尿器科の診療では、主に性病の診察が行われるというイメージを持っている方も多いはずです。
しかし、思い当たる性交渉がなく包皮が腫れる病気もあります。
亀頭包皮炎などの病気は、性交渉だけが原因ではなく、洗いすぎてしまったり睡眠不足などの不規則な生活習慣が原因で起こる病気でもあるのです。
新宿駅前クリニックの泌尿器科では、性病と勘違いをして来院する患者も多いそう。
また、パートナーから性病であるという事を告げられるというケースもあります。
しかし、自身にクラミジアといった性病を疑うような症状が見られない場合は、初診自由診療となります。
その際に性病であることが分かった場合に、以降保険診療となります。
さらに、排尿時の痛みについても、尿道炎イコール性病であると勘違いをしている方が多いのです。
尿道炎の原因となる細菌は性交渉によって感染するクラミジアや淋病だけではなく、大腸菌や腸球菌といった皮膚表面に常在している菌であるケースも。
性病であると考え、クラミジア検査を行ったところ感染していないというケースも多いのです。
どの科を受診すれば良いのか分からないという場合には、総合的に診療を行っている新宿駅前クリニックがおすすめです。
耳鼻科もある新宿の病院はこちら

新宿駅前クリニック 泌尿器科 口コミ紹介

新宿駅前クリニックを利用した方の口コミを紹介します。
「新宿の駅前にあるため、何よりも立地の良さが魅力ですね。仕事終わりに来院しました。
受付スタッフさんたちは、忙しい時にでも落ち着いて対応してくださるため良い印象です。
先生も親切な印象で、症状から考えられる病気を分かりすく説明してくれるため、安心感があります。」
「初めて新宿駅前クリニックさんを受診しました。職場からも近いため、本当に便利な場所にあって助かります。大体のクリニックは診療開始から混み合っていますが、新宿駅前クリニックさんはあまり混んでいる印象は無く、早く診察をしてもらえました。
ただし夕方は混むとのこと。急いでいる時には朝の時間帯がおすすめです。」
「スムーズである上に、丁寧に診察をして貰えるため、忙しい方にもおすすめです。
新宿駅からすぐの場所にあり、アクセスも良くて行きやすいです。
受付や先生の対応も良い印象であり、しっかりと説明をしてくれるため特に問題もありません。
先生は接しにくいという印象でもなく、質問にもしっかりと返答をしてくれるため悪い印象はありません。
電話で診察時間を問い合わせた際の対応も親切であり、全体的に良い印象のクリニックです。
院内は清潔感もあり、親しみやすい雰囲気でした。
時間帯によっては混んでいる場合もありますが、比較的直ぐに呼ばれます。」
「受付の方の対応がとても丁寧で非常に良い印象でした。
薬局の場所も親切に教えてくださり、また何かあれば利用したいと思います。
比較的空いている時間帯も答えてくださり、予約なしで良いため仕事の合間にも利用できると感じました。」
「ホームページが見やすく良い印象であったため、来院を決めました。
常勤の先生に診てもらいましたが満足でした。
スムーズに診察を行って症状を確認し、検査を行って処方箋を出してもらいました。
手際の良さだけではなく、人柄も良さそうな先生たちでした。
院内は清潔で、リラックスできる雰囲気です。」
スタッフの対応の丁寧さは、信頼にも繋がります。
デリケートな悩みを持っている方は、新宿駅前クリニックを受診してみてはいかがでしょうか。

新宿の皮膚科ならこちら

新着情報

淋病:効果はすぐ表れました

ボブさん 男性 30代

当時風俗通いをしていた私は、ある時おしっこをしようとすると、ペニスの先っぽが濡れていることに気づきました。
最初はカウパーか精液の残りだろうと、ほったらかしにしていたのですが、時間がたつに連れておしっこをするときに違和感を感じるようになりました。
そのときにはじめて、これは性病ではという疑いを持って、病院探しをしました。
そこで口コミの高かった泌尿器科の病院があったので、電話し予約を取り通院することにしました。

病院に行くと、まず、検尿からはじまりました。
次に問診が始まりました。
何で感染したのかを調べるためです。
私は最近風俗に行ったことを申告し、それが原因だろうとのことでした。

次は触診ですが、男性の医師にゴム手袋でペニスをグニグニされたのは非常に恥ずしかったです。
触診が終わると、淋病の疑いが高いと宣告されまして、薬を処方してもらいました。菌を殺す抗生物質です。
処方されて、その場で一気にのみました。
その薬が効いて、一週間もすれば綺麗になると言われました。

私は半信半疑でしたが、その効果は1日過ぎてすぐ表れました。まず、すぐに膿が出なくなりました。
次におしっこの違和感がなくなりました。最後にもう一度病院でチェックを受け、菌が死滅したことを確認されました。
中々にスピード感のある治療でした。

≫ 『淋病:効果はすぐ表れました』

陰部のぶつぶつ:真摯に向き合い話を聞いてくれました

しのぶくんさん 男性 30代

軟膏などを処方しても治らず、このまま痛みに耐えるのはしんどいと思いました。
その上、ブツブツは見たことがなく、コンジローマとか性病の疑いを思って、病院に行く流れとなりました。
最初は恥ずかしい気持ちもありましたが、放置しておくとより重い病気にもなるうえ、セックスの際パートナーに迷惑をかけると思ったからです。
信頼できる泌尿器科が近くあって良かったです。

診察を受けた際、はじめは男性性器をじっくりと観察されました。
女性看護師にも見られて、恥ずかしい気持ちもありました。
しかし、じっくりとみてもらい軟膏と飲み薬を処方してもらいました。
そのうえで、経過観察という形になりました。

院長からは、痛みがあるまでの経緯についてカウンセリングしてきました。
私も隠しても仕方ないと思い、ありのまま話をしました。
院長は包み込むような優しさで真摯に向き合い、話を聞いてくれました。
これだけでもとても安心できました。
そのうえで、セックスのことなどを丁寧に説明をしてくれました。
決して恥ずかしいことではなく、人生にて大切な過程であることを教えてもらいました。
とてもありがたかったです。

≫ 『陰部のぶつぶつ:真摯に向き合い話を聞いてくれました』

尿道炎:慢性的な痛みが改善

わとそんさん 男性 20代

慢性的ではありましたが、自分のペニスの痛みを感じることが多々ありました。
性行為の時や放尿をする際により痛みを感じるようになり泌尿器科を受診することになりました。

痛いときには放尿をする事は出来ませんでしたし、常にじんじんと痛みが付き纏とても辛かったです。
この痛みをどうにかして楽にしたいと思ったことと、何があるこの痛みは何なのかということを知りたかったと言うことも診察を受けようと思ったきっかけになりました。

病院での検査の結果はやはり尿道が炎症を起こしたことによる痛みと言うことがわかり、尿道炎との診断となりました。
抗生物質を飲まなければなかなか痛みが改善しないと言うことで、抗生物質のジスロマックと言う薬をもらい、経過を観察することにしました。
泌尿器科に行きこのような診断を受ける事はとても恥ずかしいと思いましたし、仮に性病だったらどうしようと不安であることからなかなか診察を受けることができませんでした。

今回のようなどうしようもない時に病院に行って診断を受けるよりも、少しでもペニスや尿道付近が痛いと思ったら病院の診察を受けた方が良いと感じました。
そして慢性的に痛かった尿道の痛みもこの抗生物質を飲むことによって劇的に改善しました。
私のような症状で悩んでいる方はぜひ病院を訪れることをおすすめします。

≫ 『尿道炎:慢性的な痛みが改善』

陰部のかゆみ:負のスパイラルから脱出することが出来ました

ガリバーさん 男性 30代

初めてかゆみを感じたのは夏の暑い日でした。股の間や袋の周辺がとても痒くなりました。
仕事をしていても集中できずにトイレに行ってこっそりと掻いていました。
そのまま戻るのですが、しばらくするとまた痒くなり、またトイレや物陰に行って掻くという生活が続きました。

暑くて汗をかいてかぶれたのだろう。冬になったら治るだろう。
なんて軽く考えていましたが、秋になってもよくならず、冬になっても改善しませんでした。
掻きすぎてしまったため皮膚がめくれ、ヒリヒリ痛み出すようになったので皮膚科を受診しました。

まずカビによる感染症を疑われ、念のためにと検査を受けました。
しかし結果は陰性。カビによる感染症ではないとのことでまずは一安心です。

その後いろいろ調べましたが、結局「皮膚が過敏になっているためでしょう」という診察になりました。
体温が高くなると神経が敏感になり、汗をかいたり下着が当たったりすると痒くなる。
冬は冬で空気が乾燥すると皮膚が過敏になり痒くなる、という季節によって異なる理由からかゆみが来ているとのこと。

担当の医師は、「かゆみと言うのはなかなか診察が難しく、検査してもわからないことがまだまだ多い」とも言っていました。
感染症ではないとのことで対処療法としてかゆみ止めを処方してもらいしばらく塗り続けることで改善しました。
掻くのをやめてしばらくすると皮膚もきれいに治り、かゆみがかゆみを呼ぶという負のスパイラルから脱出することが出来ました。

≫ 『陰部のかゆみ:負のスパイラルから脱出することが出来ました』

陰部の毛じらみ:完全に虫を退治する必要がある

やまださん 男性 20代
つい先日、陰毛に毛じらみがいることを知りました。
さしあたって「これだ!」と言う原因はわかりませんでしたが、おそらくセックスフレンドとの性行為にあったのではないかと思います。
初めのうちは「何かかゆいな。」とまでにしか思っていなかったのですが、夜になると激烈なかゆみを覚え、寝られなくなってしまいました。
病院では何かを受診して良いかわかりませんでしたが、とりあえず性病の可能性がありましたので、性病科に行くことを決めました。
病院の医師からの話で初めて毛じらみがいると言うことを知らされました。

毛じらみについて知らなかった私ですが、病院の先生は親切かつ丁寧に毛じらみがどういうものなのかということに言って教えてくれました。
毛じらみを完全に死滅させるためには陰毛を全部剃ると言う手をあげてくれましたが、なかなかその踏ん切りをつけることができませんでした。
続いての案として、フェノトリンシャンプー、スミスリンシャンプーと呼ばれる専用のシャンプーを使用し、毛じらみを退治すると言う方法を教えてくれました。
この方法の方が簡単であると思い、病院で処方されたシャンプーを使用することにしました。
このシャンプーを使用することによって、今までかゆみの原因となっていた毛じらみの対処を行うことができました。
診察を受けに行くと言う事は少し恥ずかしかったのですが、結果的に毛じらみが治って良かったと思っています。

≫ 『陰部の毛じらみ:完全に虫を退治する必要がある』